こんにちは!
本日二度目のブログアップです!

先ほど、「いのちのあさがお」と「グリーンカーテン」という自主事業を開催いたしました。
「いのちのあさがお」とは、白血病のため7才で亡くなった光祐くんが、約3ヵ月だけ通った小学校で大事に育てていた“アサガオ”です。おかあさんがそのアサガオを育て続け、「アサガオが親善大使となって、命の尊さ、白血病に苦しむ人がいることを知って欲しい」と願って、多くの小中学校などにくばられ、今では全国各地で花を咲かせています。

今回南陵市民センターでは、その「いのちのあさがお」の種をまき、「グリーンカーテン」を作ります。

本来は、種まきの前に「いのちのあさがお」の絵本の読み聞かせを行う予定でしたが、
参加者がほとんどいなかったため、ふれあいホールにいた子供たちに「いのちのあさがお」の話をしながら、一緒に種をまいてもらいました。
協力してくれてありがとう御座いました!

これを機に、アサガオを観たら命の尊さを思い出し、
そもそも白血病ってなんだろう?と少しでも考える時間を持てると良いな。と思いました。

CIMG5196 CIMG5195CIMG5192 CIMG5193CIMG5198 CIMG5199

佐々野