皆さんこんにちは!
最近はだんだんと昼夜の気温差が激しくなってまいりましたね!
まぁ10月ですので当たり前と言えば当たり前ですね‥

さて10月と言えば昨今「ハロウィン」というイベントが盛り上がっておりますが、そもそもハロウィンは、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったそうです。

ウィキペディア先生によりますと‥
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。
とあります。
うーん‥、最近日本で騒がれているハロウィンとはだいぶ違いますね。
とは思いつつも‥公民館も少しずつハロウィン仕様になってきています。
是非、足をお運び下さいませ!

昔のケルト人が見たらビックリするでしょうね! CIMG6244

 

佐々野