皆さんこんばんは。
ふと気づけばもうこんな時間‥!月末の時間の流れは速いものですね‥(あ~忙しっ!)

でもどんなに忙しくても、
長時間続けての作業はかえって効率を落としてしまいます。

ここらで少し気分転換に、仕事とほとんど関係のない話をしてみましょう!
(お忙しい方は、どうかこんな日記を読まないでくださいね‥!無視してください!)

今や日本一有名な野外フェス「FUJI ROCK FESTIVAL」通称フジロック、
今年も7/28 Fri, 29 Sat, 30 Sunの三日間、新潟県湯沢町苗場スキー場で開催されます。

毎回このフェスには超有名アーティストが出演するのですが、
今年は(個人的に大好きな)「Nina Kraviz」が出演します!

(日本では?)ビジュアルが先行しがちの彼女ですが、
ハッキリ言って(男らしい?)音がカッコいいです!
そして、パーティーからパーティーへ移動をし続ける、彼女のライフスタイルも21世紀的でカッコいい!

ちなみにフジロックのHPには、
「彼女は現代の電子音楽シーンの最重要人物の一人である。
シンガー/プロデューサー/DJであり、なおかつ情熱的なレコードコレクターである彼女の持つ独特な電子音楽のセンスはレーベルтрип(読み:トリップ)を立ち上げるに至った。
楽曲「I Wanna Go Bang」がジャンル隔てなく大ヒットしたことにより、2015年にтрипはMixmagのレーベルオブザイヤーに選出。翌年にはBBC Radio1 Residencyのホストを務め、同年の締めくくりに老舗クラブFablicのコンピレーションCDのミキサーに指名され、最高峰のミックスを提供した。

シベリアからやってきたテイストメーカーは、そのDJとしてのパフォーマンスも絶大なる支持を得ている。他のどのDJもかけるのを避けてきた突飛な楽曲群をオーディエンスとの繋がりを遮断することなくかけてみせるのだ。
その出で立ちとカリスマ性で世界中のフェスティバルのヘッドライナーを務め大衆を盛り上げれるだけでなく、オーディエンスとより密接な小規模なクラブでのパフォーマンスも怠らない。
そんな現代のカリスマDJがフジロックに降臨!」
と書いてあります。

私も過去二回、「オーディエンスとより密接な小規模なクラブでのパフォーマンス」に遊びに行きましたが‥

最高でした。

まだ夏休みの予定が決まってないアナタ!
ぜひNina Kravizを体験してみてくださいませ~

さ、仕事仕事。。

[佐々野]