先週の日曜日、5月28日のこと。
南陵飼育群から日本みつばちの分蜂がありました!
一年に一度のみつばちフィーバーです!

蜂嵐にうずまかれ、南陵スタッフ苦戦の末、ラッキーなことに巣箱にとりこみに成功!
みつばちの巣箱が1つ増えましたーーーー!!!やったよーーー!!!

分蜂はみつばちの喜び。
立ち会えることは縁起がよいのです。

春に起こるみつばちの分蜂。こんなに蜂がうじゃうじゃいるのを見たらそれは誰でもドン引きですよね。。。
でも、安心してください。
この時のみつばちはいちばん穏やかなのです。
住み慣れた巣を離れて新しい住処を探す旅に出る日。
それはみつばちにとって大冒険。
出発する前お腹いっぱいに蜜を吸うので穏やかなのです。

もし、皆さんがこのような蜂のかたまりに遭遇することがあったなら、そのときは殺虫剤などかけたりせず
どうかそっとしておいてくださいな。

みつばちにとっては守るべき巣のないアウェイ状態なので攻撃しませんし異常大量発生でもありません。
じきに飛び立っていなくなります。毎年森の中で毎年あたりまえに行われていたみつばちの営みですから(^O^)

年々、野生の日本みつばちは減ってきており、保護が大切になってきています。
本来の住処である広葉樹の樹洞が森林減少によりなくなって仕方なく人里に蜂球を作ったみつばち達をあたたかく見守ってくださいね!

~分蜂とりこみの詳細・動画は次回ブログへつづく~

写真・佐々野、北  文・北