皆様

おはようございます。

スプリンクラーの音が聞こえて来る季節になりました。 朝からスプリンクラーの音(蝉の声をスプリンクラーの音に例えています)を聞くだけで、家の外の世界が涼しいイメージができています。想像だけして下さい、今日のように暑くても、町中は噴水だらけで、丸でミスト扇風機に囲まれて町を歩いているような居心地?~は~いかがでしょうか? 想像してみると最高ですね。しかし現実はそんなには甘くありません。公民館に新しい施設ができたかのように(しろたろうランドを続いて)、夏季限定南陵の森の「サウナランド」という新しい施設の運営を開始させていただきました。現在開催中のアウトドアキッチンの参加者の皆様、南陵の森のサウナランドの効能を現在体験中です。佐々野さんに曰く一日アウトドアキッチンをつくろうの参加で5キロもやせられる効果があり、従って2日連続での参加の場合は10キロとなります。更に明日はヨガキャラバンのイベントも森にて開催されるので、南陵の森のサウナランドの3日連続の利用が可能になります。かなり効果があるようですが、お試しはいかがでしょうか?

さて、天気予報によりますと昼の気温はこれより大して上がらないようですが、やっぱり夜もこの暑い空気が溜まり、換気ができていないかのように空気がだるくなっていきます。夜間、お宅の冷やし方は大事になってきますね。寝るときに人はエアコン付ける派、付けない派、または付けれない派に分かれています。ちなみに私はどちらかというと付けない派ですが、付けれない派の河合さんがきっと心の中で「付けれるのに付けない人なんて許せない」と思っているでしょう。ごめんなさい。さてエアコンの付けない派のメリットといえば

1、電気代の節約
2、地球温暖化の加速の予防
3、自分が冷凍食品にならないように努力すること
4、「付けれない派」に恨みを持たせること
5、全国我慢大会に向けてその準備に活かせること

「1」ですが、電気代が安くなるのはあくまでも人のイメージで、たとえば部屋の暑いままですと逆に冷蔵庫の電気の消費がすこしずつ上昇し電気代が高くなり、部屋にいられるための多種保冷剤、氷や冷たい飲み物の費用、シャワーを浴びる回数(その水道代)、汗を拭くタオルの洗濯代などなど想像の付かない費用がもろもろと発生してきます。
「2」に関しては個人的に予防の効果あるかどうかはわかりませんが、科学者の皆様の意見に身を任せます
「3」部屋にエアコンをつけると丸で大きな冷蔵庫の中に入るかのようなイメージがあります。ここで冷凍食品の例ですが、賞味期限は長くなりますが、味(?)は大分落ちてくることを想定しています。
「4」一番問われないメリットです
「5」軽く「M」性格の皆様を対象に

頭が熱中症で可笑しくなったようなブログですが、あくまでもファンタジーであることをご了承ください。エアコン付ける派であれ、付けない派であれ、付けれない派であれ、このように変なことを書かない話さないように、熱中症にならないで、夏バテに引っ掛からないで、水分補給をしっかりととるように真夏の生活はくれぐれもお気付け下さい。

文:Gyula
写:河合