こんにちは。快晴です。
本日は、近くにある「安楽寺」さんで、「お稚児さん」がございました。

私は生まれて初めて目にする「お稚児さん」でした。

馴染みのない名前でしたので少し調べてみますと、

「お寺の住職が新しいお坊さんになる晋山式(しんざんしき)や、
新しく本堂などが建つ落慶(らっけい)法要の際、
児童たちが綺麗にお化粧をして、あでやかな衣装を着て天童に扮して行列に参加する。」

そんな行事のようです。

事実今朝は早くから、
綺麗にお化粧をして、あでやかな衣装を着た子どもたちが
公民館の周りに行列を作って、お囃子とともに練り歩いておりました。

朝の冷たい空気、お囃子の笛太鼓の音色、
カラフルな衣装や傘など、私の目には神秘的な光景に見えました。

[佐々野]