皆さんこんにちは。
少し怪しい天気ですね。

ここ数日間は天気に恵まれ、
先週末には南陵の森にて「NANRYO BO-SAI CAMP(南陵防災キャンプ)」が開催されました。

参加者の皆さま、ご協力いただいた皆さま、誠にありがとう御座いました!
今年も怪我もなく、充実した「防災キャンプ」になりました!

普段ならここで、「このキャンプがどれ程イケてて楽しかったか!」という”リア充自慢”が始まるのですが‥

今回の防災キャンプでは学ぶことも大変多く、
参加した皆さんからは「貴重な体験ができました!」との感想をいただきました。

私自身もまったく同じ気持ちでして、、
なので、「このキャンプがどれ程イケてて楽しかったか!」という”リア充自慢”の前に、
私たちが「このキャンプでどんな貴重な体験をし、何を学んだか?」を三つ紹介したいと思います。

[貴重な体験①]‥20人用テントを使って、参加者全員で寝ること。

去年の防災キャンプでは、参加者各自でテントを張り泊まりましたが、
今回は広いテントに約15人ほどで泊まりました。

・あまり知らない人同士が、隣り合わせで寝る。
・夜に小さい子が「ママー」と泣き出したり。
・その「ママー」が、他の子どもに伝染しないように気遣ったり。

実際の被災時とは異なるとはいえ、日常からすればかなりの「非日常」でした。

あらためて、「被災時は、子どもや弱い方への気遣いが重要。」だと学びました。

[貴重な体験②]‥被災地救助活動談を聞けたこと。

東日本大震災の際、震災2日目から石巻で救助活動をしていた方のお話を直接聞くことが出来ました。
大変ありがとうございました。

内容は想像以上に重たくて、でもそれが現実で、、
(正直に言いますと、)実際に常滑で同様の地震が発生した時に、本当に対処できるのか?
と、少し不安な気持ちにもなりました。

被災時は、避難所や設備などのハードの準備も大事ですが、
被災(現実)に絶対に負けない「強い心(精神力)の方が、何倍も重要」なのではないか。と学びました。

[貴重な体験③]‥雨水ラーメン。

心配ご無用、ちゃんと専用器具で「ろ過」しておりますので。(笑)

今年の夏にサザンアリーナの横に設置しなおした「1000ℓ雨水タンク」。
この雨水をろ過して使用したラーメンです。

「美味しかった!特に自然の恵みダシが効いてて!」

などと、あまり良いことを書くと真似する人が出てくるのが心配ですが、
ピンチの際のチャンネルが一つ増えた気がします。(必ず専用器具でろ過すること!)

と、まぁ文章にすると少し稚拙ですが、
とにかく「貴重な体験ができた、学びの多い」南陵防災キャンプでした!

また機会があれば開催したいと思います。
皆さま、ありがとうございました!

[佐々野]