こんにちは。
本日も雨なのか、曇りなのか、寒いのか、暑いのか、
なかなか“乗りこなしにくい”天気ですね。

皆さまはこんな気候の中、体調管理は上手くいっておりますでしょうか?

季節の変わり目、特に夏から秋にかけては体調管理が難しく、
ここ数年の私のライフログを見てみましても、
毎年必ずこの時期に風邪を引いております。

こう毎年同じ時期に風邪を引いておりますと
少しずつ予防と事後対応に慣れてはくるのですが、
まだまだ自分の詰めが甘く、
完全に風邪を回避するにまでは至りません。

つい先日も
午後から大切な会議の日に、朝から38.5度の熱があり、
結果的に会議を欠席し、関係者皆さまに大変な迷惑をかけてしまいました。
申し訳ありませんでした。
そしてフォローしてくださった皆さま、ありがとうございました。

その日は朝一で病院に行き抗生剤を点滴し、
なんとか会議には駆けつけようと考えていたのですが、
思いとは裏腹に体温は上昇を続け、
午後には39度を超えお休みを頂きました。

一昔前までは、そんな状態でもはってでも出勤していましたし、
また上司や同僚、部下にも同じ行動を求めていましたが、(パワハラ?)
やはり個人の健康より重要な仕事はないのではないか?
と、自分の過去の過ちに気付くと同時に、
周りに信頼できる仕事仲間たちが多くいる現状に
あらためて感謝いたしました。

一方、
その後も上昇を続け、夜になるころには39.9度まで上がった私の体温は、
翌朝には何事もなかったかのように、36.5度の平熱まで下がり、

病み上がりの体力不足はあるものの、
その日は午後から通常通り出勤・勤務することができました。

40度近くまで上がった体温をひと晩で下げ、
翌日には通常出勤できた要因は何か?と自問してみると、

①この時期に風邪を引くのが分かっていたため対応が早かった。
②普段は飲まない風邪薬が効いた。

などが考えられますが、一番効果的だったのは

③水分補給と排出(発汗・おしっこ)の回数を超増やした。

ことではないか。と考えております。

体調管理が難しいこの時期、
風邪を引かないに越したことはないですが
もし引いてしまった時は、ぜひ一度③をお試しください。

私はもう、来年は風邪を引きません。(宣言。)

皆さま、元気に三連休をお過ごしくださいませ。

[佐々野]