こんにちは。
本日も穏やかな天気ですね。

南陵の森では、
日本ボーイスカウト愛知連盟の皆さんが『体験で学ぶ森と緑づくり』というイベントを開催しておりました。
いろいろな野外活動を体験しながら、森や緑づくりについて学びます。

私自身ボーイスカウトの経験がなく、
以前まではなんとな~くですが、
「キャンプやハイキングなどの技術を学ぶ教室。」というイメージでした。

しかし公民館で勤務するようになり、
皆さんの活動を近くから見る機会が増えるにつれ、
そのイメージは
「真面目に計画を立てて、真剣に遊んでいる大人(子ども)たち。」に変わってきました(失敬!)

毎月何度も、夜遅くまで皆さんで集まって会議(計画)をし、
野外活動(キャンプやハイキング)を、
「ただ」楽しむだけではなく、
「技術や思想を学びながら」楽しむ(遊ぶ)。

とても素敵な団体だなぁ。と勝手にイメージしておりました‥。

そして本日の活動を拝見しあらためて、ボーイスカウトってなんだろう?
と、少し検索してみますと

「そなえよつねに」(Be Prepared)

が、スカウトのモットーであるとのこと‥。

カ、

カッコイイ‥!!

「キャンプやハイキングなどの技術を学ぶ教室。」と思っていたこと‥、

深くお詫び申し上げます。m(_ _)m

[佐々野]