皆さんこんにちは。暑いですね。
しかし先日までの長く先の見えない雨季を思えば、これくらいの暑さは全然耐えられます。
まだ暑すぎて夜が寝苦しい‥ということもありませんし。

しかし昨夜の私は別の理由で眠れませんでした。
深夜3時頃、右手に走る激痛と共に目を覚ますと、枕元には10センチ程度のムカデが‥!
そうです、ムカデに手を噛まれたのです。

すぐにタモでそのムカデを捕獲し、家の外へと出したのですが、
すでに噛まれた右手はジンジンと痛み、少し血がにじんでいます。

「ムカデに噛まれた時の対処法」を検索してみると
「出来るだけ強力なステロイド系の軟膏やクリームを広範囲に塗りましょう。」と書いてあり、
なんとな~く、強力なステロイド系の軟膏やクリームを広範囲に塗るのに抵抗があったので、、

一先ずポイズンリムーバーで患部を吸い出し、
その後、ホメオパシーのレメディー「エイピス」を飲み、
さらに「コパイバマリマリ」のオイル?を患部に塗りました。

「ホメオパシー」に関しては、
「効く!」という意見と、「偽科学だ!」という意見が対立しているのをよく見かけますが、
朝になり、結果的には腫れや痛みは抑えられ、少し赤く跡が残っている程度でした。

だから「ホメオパシーは効く!」と、言いたいところですが、
人には元々自然治癒能力が備わっており、レメディーを飲まなくても治ったかもしれませんし、
また、プラシーボ(プラセボ)効果というのも無視できないため、一概に効く!とは簡単には言えません。

ただ、結果的に治れば、ホメオパシーでもプラシーボ(プラセボ)でも、
強力なステロイド系の軟膏やクリームを広範囲に塗るよりはよかったなー、というのが個人的な感想です。なんとなく。

でも一番いいのは、何もせず、自分の治癒能力だけで治ることですよね。
改めてその重要性を意識した一晩でした。

※ちなみに、ムカデはゴキブリなどを食べてくれるそうです。勉強になりました。

[ゴキブリ佐々野]