本日朝から、消防署による大津波を想定した常滑市南陵地区の総合消防訓練と直心流直心流会の空手大会で駐車場は公民館まつり並みに混雑しています。 武道場も多目的駐車場も車いっぱいです。こういうお客様にテニスコートの北側の駐車場の存在の意識を浸透させるいい機会にもなります。ある意味で我らにとって駐車場訓練でした。本部は確かに公民館ですが、実は「南陵市民センター」だという正式名のがありまして、公民館の他に図書館、体育館、テニスコートを含みます。かつて更に武道場も同じ管轄に入っていたそうです。そのため南陵市民センターの駐車場といえば南側(館前)、北側(館裏)、多目的(テニスコート裏)、武道場という4つのところになります。

こちらは佐々野館長が作って下さった市民センターの駐車場案内です。どうぞ市民センターの駐車場構成を学習して下さい。

今後ともよろしくお願いいたします。

Gyula