皆さんこんにちは。
思い通りに出かけられない週末が続いていますね。

学校がお休みの子どもたちは自宅で暇を持て余していて、
YouTubeの沼から抜け出せなくなっているのではないでしょうか。

せっかくじっくりと動画を観る機会なので、ただボーっとおすすめ動画をクリックし続けるだけではなく、
自分の好きな動画がどの様にできているかを観察し、自分でも撮影・編集ができるようになると楽しいですよね。
少し視点を変えるだけで、「暇」を「楽しい」に変えることが可能です。

私も先日、自宅で子どもたちが「暇」だというので、一緒に”オセロ”を楽しみました。

①まずコンパスを使って、いらないダンボールに直径4.5㎝の円を50個ほど書きます。
②次にはさみでその円を切り抜き、
③切り抜いた円の両面に絵の具でそれぞれ違う色を塗ります。
④乾かして完成~。
⑤ボードはリビングのカーペットの縫い目をそのまま使用。(天才。)

オセロは通常、白と黒ですが、自分で作るので好きな色を選んで塗れるところが創作意欲が湧いてきます。
コンパス、はさみ、絵の具‥、”大好物”の連発で、子どもたちはオセロ(作り)に夢中です。
「ちょっとはさみで切るの手伝って!」
「絵の具が手についちゃった~」
もう「暇」とは言わせません。

すべて自宅にある道具で出来るので「ステイホーム」も守れますし、0円で遊べるのも良いですよね。

1時間以上かけ「オセロが完成」する頃には、
「円に切る前に先にダンボール全体に色を塗れば作業がしやすかった。」
「数が50個じゃ足りなかった。」
などの次回への改善点まで出てくる始末。

YouTubeの沼から抜け出せなくなっているお子さんが自宅にいたら、
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

[佐々野]