こんばんは。
今週末は心地の良い秋晴れでしたね。
BBQやキャンプ等のアウトドアや、草刈りや収穫等の外仕事が捗ったのではないでしょうか?

和らいだ日の光を浴びながら、穏やかな風を感じていると、
いつまでもこの様な美しい季節が毎年やってくる日本、地球であって欲しいと願うばかりです。
その為に私たち人間ができることはあるのでしょうか。

本日の朝日新聞朝刊に、
「中国が「2060年までに温室効果ガスの実質的な排出量をゼロにする」との目標を打ち出した。」との記事を見つけました。

世界のニューリーダーとしてとても素晴らしい目標に思う一方で、
既にポイントオブノーリターンが間近とも言われる地球温暖化問題で、果たして「2060年」で間に合うのでしょうか。
それともそもそも地球、宇宙の気候変動は、人間の努力や活動等では変えられない程の大きなトレンドなのでしょうか。

この様な温暖化問題を耳にするたびに、昨年の国連でのグレタさんの演説を思い出します。
彼女の演説の細かい科学的な間違いを指摘する人も多くいますが、そんなことはさておき、彼女の思いは伝わります。

We will be watching you.

[佐々野]