おはようございます。
本日は月曜日の為、当館は休館日でございます。
ご利用者の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、また明日からのご来館をお待ちしております。

さて、花粉症のシーズンですね。
くしゃみ、鼻水、目のかゆみ等々‥、花粉症の方の辛さはご察しいたします。

私自身がそうだったのですが、ひどい花粉症でお悩みの方、
改めて見直してみると自分の食生活(腸内環境)は乱れていませんか?

花粉症対策と呼ばれるものは数多ありますが、
やはり重要なのは日々の食生活にあると、2年前に花粉症を卒業した私は思います。

花粉症に関しては、溝口徹先生の著書「花粉症は1週間で治る!」がわかりやすく参考になりますが、
本にもある通り
①タンパク質をとる(ただし、乳製品は控える)
②質の良い脂質をとる
③糖質は控える
④ビタミンDを摂取する
⑤腸内環境を整える
⑥女性は鉄、男性は亜鉛をとる
⑦摂取量のポイントは、体にとって理想的な量であること

この様な対策をとると花粉症を治すどころか、
結果的に風邪も引かなくなりました。(あくまでも個人的体験かもしれませんが。)

特に、「③糖質は控える」、「⑤腸内環境を整える」というのは、
何かをプラスするのではなく、マイナスするという考えで、
薬やサプリを飲んだりアロマオイルの香りを嗅いだりする(プラスする)前に、
そもそも不調をきたす(毒)素を身体に入れない(マイナスする)ということだと思います。

もし普段食べていれば、ジャンクフード、お酒、スナック菓子やジュース、
また日頃それなりに食生活に気をつけている方でも、
小麦製品(グルテン)や乳製品(カゼインA1)などは腸に対して刺激が強いので、
腸内環境を整えるという意味では、適度な距離を置いた方が良いかもしれませんね。


皆さま、今週も健康な一週間をお過ごしくださいませ。

[佐々野]