皆さんこんにちは。
健康にお過ごしでしょうか。

愛知県には現在、国のまん延防止等重点措置が適用されており、一部活動が制限されています。
仕方ないとは言え、せっかくの夏休みだったり、お盆休みなのに、ストレスが溜まりますよね‥。

また、飲食業界や旅行業界のみならず、
コロナ対策の影響を受け、事業が思い通りに進まない方も大勢いらっしゃると思います。
中にはメンタル的なダメージを受け、自分一人では立ち直ることが困難な方もみえるかもしれません。

そんな時、私が一番最初にお勧めする対処法は、
日々の食事を見直し、自分の身体の栄養バランスを整えることです。

人生を、栄養とメンタルヘルスの間のリンクを確立することに捧げた、カール・ファイファー博士は、
精神疾患は、栄養素やその他の体内化学物質が引き起こす、生化学的な現象と捉え、
(少し情報は古いですが、)著書の中で具体的な症例を挙げながら、原因と対処法をアドバイスしています。

精神疾患は、心理学的因子だけによって発生するものではありません。

世の中には昔から、スピリチュアルやヒーリング等と称して高額な料金を請求する商売もありますが、
どんなに甘い誘い文句(本当の自分とつながる、宇宙となんちゃら~、年商アップ~等々)を囁かれても、
先ずは何よりも自分の身体の栄養バランスを整えることをお勧めします。

人間が生物である以上、私たちが持っている「心」は、体という物質の上にあり、
私たちがいだく思考と感情はすべて、体の化学作用によって変えることができると、カール・ファイファー博士は言います。

さらに読書によって得られるその様な知識の数々は、
高額どころか、図書館で本を借りれば無料でアクセスすることができます。

この活動が制限されている時間を逆に利用し、
知識を蓄え、食事を見直し、栄養のバランスを整えて、
皆さんで健康に楽しくこの時代を生き抜きましょう。

[佐々野]