皆さんこんにちは。
本日はクリスマスイブ、だんだんと”年末感”が増してきましたね。
この時期になりますと、忘年会やお正月、新年会など「暴飲暴食」が続く方も少なくないのではないでしょうか。

特に普段から、ビーガンやベジタリアン、グルテンフリーやシュガーフリーなど、食事制限をしている方でも、「付き合いで‥」とか、「1年頑張った自分へのご褒美~」という具合に、気が緩んでしまいがちですよね。

しかしどんなに気が緩んでいても、(アレルギーの人は当然ですが)食べない方が良いものも、それなりにたくさんあります。

例えば「アトピー性皮膚炎」でお悩みの方は、〈ヒスタミン〉の多い食べ物は避けた方が良いようです。
ヒスタミンを多く含む食べ物は、チョコレートやソーセージ、以外にもホウレン草やたけのこ、ココアなど、いっけん体に良さそうな物まであります。

もともとアトピーは、皮膚の病気ではなく体内の”火事”が皮膚に表れている炎症で、かゆみ物質〈ヒスタミン〉は、「食事×解毒」で、腸からコントロールできるとのこと。(詳しくは、本間良子・龍介さんの著書「最新の遺伝子検査でわかったアトピーが消えるたった1つの方法」を参考にしてください。)

そして腸の解毒ができれば、脳の機能もアップしますよね(腸は第二の脳ですから)

せっかくの年末年始です。
体調を崩すよりは、しっかり整えて2022年に向けて機能アップができると良いですね。

良い年末をお過ごしくださいませ。
メリークリスマス☆


[冬は薪割り読書以外することがない佐々野]