皆さんこんばんは。
健康にお過ごしでしょうか。

本日厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策テックチーム事務局と連携し、開発してきました新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact Confirming Application)を、リリースしたそうです。

厚労省のHP「接触確認アプリ利用者向けQ&A」には、
「問6 個人情報が収集されることはないですか。

氏名・電話番号・メールアドレスなどの個人の特定につながる情報を入力いただくことはありません。他のスマートフォンとの近接した状態の情報は、暗号化のうえ、ご本人のスマートフォンの中にのみ記録され、14日の経過した後に自動的に無効になります。行政機関や第三者が接触の記録や個人の情報を利用し、収集することはありません。」

とありますが、、確かに心配ですよね‥個人情報。

「行政機関や第三者が接触の記録や個人の情報を利用し、収集することはありません。」と言っても、悪意を持って接触の記録や個人の情報を利用し、収集する輩が出てこないとも限りませんし‥。

国民の安心と信頼を得るためにも、
まずは3カ月お試しで、国会議員とその家族全員がアプリに登録し、

「そのお試し期間中は誰でも自由にハッキングしていいですよ。
セキュリティーを突破できるものならどうぞ。一切罪には問いませんので。」

くらい言ってくれると、政府の本気度が伝わりアプリが爆発的に浸透するかもしれませんね。

と、1週間以上もスマホを持ち歩いていない私が言うのもなんですが。。
もしアプリを使用した方がいれば、また感想を聞かせてくださいね。

皆さま、今週も健康な週末をお過ごしくださいませ~

[佐々野]